2014年2月 『陸奥話記』

脚本・演出 千野裕子

日時 2月16日 昼の部 13:00〜/夜の部 17:00〜
場所 イーストステージいけぶくろ

INTRODUCTION

かつて陸奥で、長きにわたる戦いがあった。
焦土となった陸奥。衣川を眼前に臨む平泉の地に佇むひとりの青年、藤原清衡――。
その父は、陸奥国府に仕える軍事貴族だった。
その母は、国府に反旗を翻した一族の長の娘だった。
清衡が回想する、12年の戦。
敵味方に分かれていたはずの父と母。
――ふたりは戦場で何を願い、祈ったのだろうか。

ABOUT『松浦宮物語』

平安時代後期に書かれた軍記作品。
奥州十二年合戦を、「国解之文」(報告書)と「衆口之話」(人々の噂話)をもとに、
力強く描き出した作品である。
奥州十二年合戦
歴史教科書などでは「前九年の役」とも呼ばれる戦い。
「前九年」という呼び名が定着しているが、
実際は永承6(1051)〜康平5(1062)年という、12年にわたる戦いだった。
時は後冷泉天皇の御代。
藤原頼通はじめ摂関家が斜陽となりはじめる頃。
都から遥か遠い陸奥で起こった戦である。

出演

藤原経清:千野裕子
有加の前:菅小百合
安倍貞任:植竹広佑
安倍宗任:吉田優一
冬己の前:筒井久実子
平永衡:小松哲也
中加の前:西田彩
千代童子:小坪加奈
清原武則:小野真広
源義家:後藤大生
幼少の清衡:猪山那美
安倍頼時:荒川大
源頼義:東暁男
藤原清衡:久保田祐司

STAFF

舞台監督:植竹広佑  美術:筒井久実子
照明:鶴田聡  照明補佐:秋山あゆみ
音響:新田紗穂子  衣装:金澤玲子・大野泉
制作:金澤玲子・新田紗穂子
制作協力:本有希・関伸・相澤優多・ほか
宣伝美術:神田愛さ

宣伝協力

中尊寺 毛越寺 平泉観光協会 平泉文化遺産センター
<東北アンテナショップ>
あきた美彩館(品川) 秋田ふるさと館(有楽町)
いわて銀河ぷらざ(銀座) おいしい山形プラザ(銀座) コ・コ・みやぎ(池袋)

inserted by FC2 system