2007年11月 『斜陽(しゃよう)』

原作 太宰治  脚本・演出 千野裕子

日時 11月3日 午前の部11:00〜/午後の部14:45〜
場所 学習院大学 西2号館201教室

翌年から古典作品へ路線を変えたため、結果的にキシャの「(自称)近代三部作」最後の作品となった公演。一人称の文体が素晴らしい太宰作品を忠実に舞台化したため、長台詞大会の様相を呈した。 特にラストシーンのかず子の台詞は長かった!なにしろ文庫本4ページ分の原作をノーカットで台詞化。しゃべり続けるにったは圧巻であった。

出演

かず子:新田紗穂子
直治:伊藤祐貴
母:千野裕子
上原:つじもとこうすけ
女1(少女1/お咲/女生徒/女将):うちやまよしみ
女2(少女2/西山/看護婦/チエ):こやまちあき
女3(農家の娘/中井/スガ):おおさわまさみ
男1(少年/村医者/二宮/三宅/紳士):吉田優一

STAFF

横堀泉 猪山那美 大関友里恵 金澤玲子
関伸 たかはしせんいちろう 相澤優多

inserted by FC2 system